聴いてください

今回は「傾聴」に関して書いてみたいと思います。
傾聴というと、カウンセリングをイメージされるかもしれませんね。
また、優しく話しを聴くという風に思われるかもしれません。
皆さんは、人から話を聴いて欲しいと言われたら、どのように聴きますか?
普通は、聞いた話から自分の経験や考えを当てはめて
相談者が問題を解決できるように一生懸命にアドバイスすることが多いのではないでしょうか。



実は、カウンセリングや傾聴においては、自分の経験を語ったりアドバイスするのは基本的にしません。
それはなぜか?
先日ネットで見つけた詩がとてもよく、ヒントになると思うのでここに載せます。

「聴いてください」作者匿名

私が聴いてと頼んで、あなたがアドバイスを始めたら 、
あなたは私が頼んだことをしていないのです。

私が聴いてと頼んで、あなたが私はそんなふうに感じるべきでないと理由を話し始めたら 、
あなたは私の気持ちを踏みにじっているのです。

私が聴いてと頼んで、あなたが私の問題を解決するために何かをしなければならないと感じたら、
あなたは私を失望させています。だって、おかしな話ですよね。

祈ることに慰めを見出す人がいるのはそのためでしょう。
なぜなら、神様は無言です、忠告しないし、物事を直そうとはしません。
神様はただ耳を傾け、あなたが自分でなんとかすると信じているのです。

だから、どうか、ただ私に耳を傾け、聴いてください。
そして、もしあなたが話したければ、あなたの番になるまで少し待ってください、そうすればきっと私はあなたに耳を傾けますから。

いかがでしょうか?
とても傾聴の本質をついていると思います。+-

私達が一人で思い悩む時、心の中には何人もの他者が存在しています。
そして、それらの人々の目を気にしたり、何かを言われたりして身動きがとれなくなっています。
つまり、物理的には一人であっても、心理的には一人になれないでいるのです。
しかし、もし近くに自分のあるがままを受容し、共感してくれる人がいれば
それまで心を支配していた他者の声が消えていく感覚があるのです。
つまり、ここではじめてほんとうの意味で「ひとり」になることができ
誰にも邪魔されずに、自分の内面を見つめることができるのです。
(友田不二男の真空論より)

つまり、他者のアドバイスがあると、相談者が内面を見つめる作業の邪魔になってしまうということですね。
「自分のうちなる声を聴く」ということなのかもしれません。



もちろんアドバイスが悪いと言っている訳ではありません。
傾聴よりもアドバイスのほうがいい場合もあるでしょう。
ただ、アドバイス(相談にのる)と傾聴はまったくの別物だということです。

ちなみに、前回の投稿「フォーカシング」で、吃音をフェルトセンスとして人格化することについて書きましたが
この詩の主人公を「吃音くん」におきかえるとどうなるでしょうか?
吃音くんは自分の内なる声からのメッセージだと思って読んでください。


吃音くんが聴いてと頼んで、あなたがアドバイス(流暢に話すべきだよ)を始めたら 、
あなたは吃音くんの声を聴いていないのです。

吃音くんが聴いてと頼んで、あなたがそんなふうに感じるべきでないと理由を話し始めたら 、
あなたは吃音くんの気持ちを踏みにじっているのです。

吃音くんが聴いてと頼んで、あなたが問題を解決するために何かをしなければならない
(発声練習など)と感じたら、
あなたは私を失望させています。だって、おかしな話ですよね。

祈ることに慰めを見出す人がいるのはそのためでしょう。
なぜなら、神様は無言です、アドバイスしないし、発声を直そうとはしません。
神様はただ耳を傾け、吃音くんが自分でなんとかすると信じているのです。

だから、どうか、吃音くんに耳を傾け、聴いてください。
そして、もしあなたが話したければ、あなたの番になるまで少し待ってください、
そうすればきっと吃音くんはあなたに耳を傾けるでしょう。

この場合、神様を大自然の力と置き換えてもよいですね。
人を成長させるのは、人からのアドバイスや指示ではなく、自然の力だと思うからです。
吃音を改善させるものも、人間の力ではなく自然の力と考えます。
つまり自然治癒力です。
私達は大自然の一部なわけですから、もともと治癒力や成長力が備わっているわけです。

吃音とは、ある意味「吃音くん」に身体を乗っ取られるようなものです。
でも、そこには「吃音くん」からのメッセージがあるはずです。
傾聴やフォーカシングを通して、自分の気持ちの下の気持ち(本当の自分)の声に
耳を傾けると、「吃音くん」もあなたの声に耳を傾けれくれるかもしれません。
実際、グループカウンセリングや傾聴を通して、他者の声に耳を傾けるようになると
本人の吃音が改善するケースは多くあります。
それは、相手の話を傾聴するようになると、自分の内側も傾聴出来るようになり
自然治癒力が発揮できるようになるからだと考えています。



また、カウンセリング全般に言えることですが、心の問題は逃げると逆に大きくなります。
逃げるのではなく、出来るだけオープンにして、自分を許すこと。許せないと苦しくなります。
問題を抱えている人は、隠そうとする傾向があるんですね。吃音も然りです。
大事なのは、心の問題と友達になることです。仲良くなれば納得して消えてくれます。
そうすれば症状が出にくくなり、改善に向かいます。
私が発声練習をしないのは、外側だけ改善しようとするのは無理があると考えるからです。
発声練習をする心理の裏には、「早く吃音がなくなって欲しい、排除したい」という気持ちが含まれますから
逆に吃音くんからの反発があり、改善しにくくなると考えています。
自然治癒力とは逆のベクトルが働くと思います。
この辺は、言語聴覚士や臨床医のアプローチとは違います。
(幼児の吃音はまた別だと考えています。)
ただ、この方法はクライアントの「感じる力」に左右されることが多く
時間がかかり場合もあり、そこが課題でしょうか。
しかし、そもそも万人に同じ効果のあるカウンセリング技法はありませんので、
私の場合は論理療法(認知療法)アドラー心理学、森田療法的なアプローチなども組み合わせながら
カウンセリングを進めていきます。
でも、主軸は傾聴でありフォーカシングです。
クライアントの成長する力に期待するのが、カウンセリングや傾聴ですので
大まかな方向性は間違っていないと考えています。
大事なのは、吃音に対してアドバイスや指示をしないことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。