カウンセリングとは何か?傾聴とは何か?について、ご説明します。
まず、相談とカウンセリングの違いについて。

カウンセリングと言うと「悩みを相談して解決するもの」と思われがちですが、
それは「悩み事相談」になります。
悩み事相談は、悩みの原因に対してアドバイスします。
例えば、職場の人間関係で悩んでいる人に対して、転職した方がいいとか
上司に報告した方がいい、などのアドバイスは「相談」になります。

それに対して、カウンセリングは、悩みから生まれる「感情」「思考」「行動」
に対し、その人特有の反応パターンや認知を見つけ、分析し、修正していくものです。
悩みの原因に対してのアドバイスはしません。


次に、治療とカウンセリングの違いについて。
よく混同されがちなのですが、治療とカウンセリングは全くの別物です。

治療の目的は、病気の状態を診断し、平常の精神状態に持っていくこと。

カウンセリングの目的は、正常な精神の人が悩んでいてより良く生きたいなど自己実現に向けて受けるもの。
心の問題、感情の問題への対応です。
治療ではなく援助です。
ですから、もし精神的疾患のあるかたで病院で治療されているかたがいらしゃれば、まずは治療を優先して下さい。

傾聴について
傾聴(来談者中心療法)の考えについてご説明します。
傾聴の手順は
①来談者(クライアント)が、悩みを抱えてカウンセラーを訪れる。(私はリモートです。)
②カウンセラーは快く迎えて、気持ち、感情、行き詰っていることを全面的に聴き、
同時に受け止めていこうとする。
③だんだんと、その場が暖かい雰囲気になってくる。信頼関係が出来てくる。
④来談者は、徐々に自分というものを表現していくことが出来るようになる。
(批判、指示されないので、安心して自分を見つめていくことが出来るようになる)
⑤今までと違った見方、感じ方が出来るようになったり、自分が脅かされいる問題にも
目を向けていくようになる。
⑥問題に対峙したり、向き合うことが出来るようになる。

傾聴の考え方は「答えはクライアントの中にある」です。
その、クライアントの中にある答えを探すお手伝いが傾聴カウンセリングです。


吃音のカウンセリングについて
吃音の治療や改善についてご説明します。

①治療的な面では、 

a)医師 耳鼻咽喉科、脳神経科、吃音外来、精神科など

b)言語聴覚士 環境調整法、リッカムプログラムなど

c)臨床心理士 公認心理師などによる医学的、治療的ケア

②カウンセリングな面では、

a)精神的ストレスの軽減やトラウマ的経験による条件付けなどによる誤った反動形成の修正

吃音をかかえる二次的障害、職場や家族関係、人間関係などへの対応

などが挙げられます。

また、最近はマインドフルネスを用いた第三段階の認知行動療法が行われるようになってきました。ただしこれは吃音自体を治すものではなく、吃音を受け入れて前向きに生きられるようにするのが目的です。

では、私のカウンセリングと他のカウンセリングの違いについてですが、

一般的にはカウンセリングで吃音を受け入れたり、悩みを傾聴しながら吃音を抱えながら生きていくことの意味付けを図ること、リラクゼーションを用いて緊張を緩めるなどの方法が多いと思います。

私の場合はカウンセリングでそれらを用いますが、それだけではありません。

一番違うのは、吃音そのものの改善を目指すことです。

「はじめまして。」に書いたように、ほとんどの吃音者は一人では吃りません。

ということは、心理的な要因が大きいのです。

その中でも、潜在意識へのアプローチがとても重要です。

主にその為の方法として、フォーカシングやマインドフルネスを用います。

フォーカシングやマインドフルネスも、心理療法やカウンセリングではエビデンスのある方法です。

ただこれらを吃音の改善に用いたカウンセリングは見受けられません。

マインドフルネスを用いたカウンセリングはありますが、それは先ほど書いたように吃音を受け入れていくためのものです。

吃音は言葉の障害と捉えられがちですが、私は心理的な要因が大きいと思っています。

本当の自分に気づくことや、あるがままの自分を自覚していくことこそ

心の障害を乗り越え、成長し、その結果として吃音が改善していくと思っています。

その為に、私はしっかりと研鑽を積み、皆さんに寄り添っていきたいと思っています。