2015年から吃音カウンセリングをスタートし、2020年に開業。
これまで多くの吃音の改善に関わってきました。
吃音者はお互いに知り合うことがほとんどないので
皆さんは一人で悩んでいらっしゃったかたが多かったのではないで
しょうか?
学校の事、就職への不安、会社での評価、人間関係など、、、。
吃音者の悩みはなかなか理解されませんよね。


私自身も吃音者です。今でも少し吃ります。
幼少期より、授業の音読、挨拶、お店での注文、電話、等で悩んで
きましたし、将来自分が働いているところなど想像すら出来ません
でした。
このサイトを見て下さっているかたは、すでにいろんな情報を調べ
ていらっしゃると思います。
私はいろいろと試してみるのはいいことだと思います。
(一部怪しいものは避けていただきたいですが。)
少なくとも、どんな方法であっても、自分が何かを感じ納得し、
進んで行うものでなければ効果はないと思っています。
私が吃音カウンセリングに出会ったのは2011年。
あるセルフヘルプグループに参加してからです。


カウンセリングの内容は難しくてよく分からなかったのですが、
皆が楽しそうだからもっと来てみたいな、が感想でした。
そんな感じで何となく参加していたら。カウンセラーの先生から
「もう卒業だ。」と、、、。
「え?まだ治っていないのに、、。」
というのが正直な気持ちでしたが、その時に先生から「あなたはカ
ウンセラーに向いているから、それに向けた勉強をして欲しい。」
と言われました。
私はすぐに調子に乗るタイプなので「じゃあがんばろう!」となっ
た訳です。
私自身の変容は、このカウンセラーになっていく過程にあった様に
思います。
吃音者は一人では吃りません。(一部の例外を除いては。)
ということは、元々話す能力は持っている訳です。
だったら、その能力を相手がいる場所でも発揮出来る様にするのが
自然な方法だと思っています。
だから、話すトレーニングや発声練習はしません。
必要な努力はした方がいいですが、必要のない努力はしない方がい
いです。
ここまで読まれてきて「じゃあ結局治るの?」と思われている人も
いらっしゃるでしょうね。
これは「治る」の定義によるのですが、吃音がなくなるのが治るの
か?吃音が気にならなくなり、次の人生のステップに進めるのが治
るのか?の違いはありますね。
でも私はこの二つは矛盾しないと思っています。
自分の中で吃音が問題にならなくなれば、吃音自体も軽くなってく
るからです。
(ちなみにカウンセリングは治療ではないので、治るという言葉は
基本的に使いません。)
結論を言うと、吃音が改善するケースは多いです。
ではなぜ改善するかについてですが、
皆さんは会話の時に何を考えていますか?
やはり吃るかどうか?相手にどう見られるか?でしょうか。
会話は、自分の気持ちを相手に伝えることです。
吃音者は吃るかどうかに気を取られるあまり、話しの内容や相手に
対する感心が少し薄れていると思います。
私自身がそうでした。
だからカウンセリングの時に、相手のことを考えて話したりするこ
とによって私自身吃音が改善してきました。
この点に於いてカウンセリングは有効です。
では、具体的なカウンセリングの方法ですが、、、
カウンセリングの前半では、ある文章を黙読してそこから感じたこ
とを私と話し合います。
分かりづらいですね。(笑)
でも、、、
でもどんなことであっても、あなたが感じたことを私が受け止めま
す。
すると不思議なんですが、自分の本当の気持ちが少しずつ見えてき
ます。


ここが大事なところです。
個人差はありますが、変化は必ずあります。
次に音読していただいて、吃った時の身体の観察をしていただきま
す。
この観察の方法が言葉で伝えるのが難しいところです。
最初の文章を読んで感じたことと繋がってきますが、
そこをどう進めるかは、カウンセラーの力量かも知れません。
正しく観察出来ると自然治癒力が働き吃音が改善されてきます。
例えば、実際に吃った時に何とか言葉を出そうと焦るのではなくて
、身体に何がおこっているかを観察します。
すると無理して言おうとしなくても言葉がすっと出てくる。
こんな感じです。
勿論最初から上手くはいきません。
試行錯誤するかも知れませんが、何度か繰り返すうちに出来るよう
になります。
以上がカウンセリングの内容です。
また、クライアント様によっては、音読では吃らないかた、トラウ
マが強いかたもいらっしゃいますので、そのかたに応じてメニュー
を組み立てます。
カウンセリングはある意味、心のクセを修正していくものなので、
間が空くと元に戻ってしまいます。
出来れば週一か毎月2回くらいの方が効果はあります。
まず心の変容が始まり、少し遅れて吃音の改善が始まります。
また、このカウンセリングはお子様には向きません。
高校生以上を対象にしています。
ここまでお読みいただき有難うございました。
あなたが吃音の改善と共に素晴らしい人生を歩むことを願っていま
す.