吃音の受容派と改善派の対立について

そもそも、吃音に「受容派」と「改善派」があるかどうか分からないし、カテゴライズする必要もないと思うのですが、便宜的に分けてみます。
最近Twitterを見ていると、吃音が改善したと投稿すると反発されることがあるそうなので、なぜなのかちょっと考えてみました。

「受容派」と「改善派」があるとすれば、私はどちらかというと「改善派」に入ると思います。しかし受容派を否定するつもりはありません。
受容なくして改善もないと考えるからです。

SNSを見ていると、受容派が多いですね。
改善派は少ないような気がします。

私が改善派なのは、最初に触れた吃音のカウンセリングが、はっきりと治ると主張していたからです。
実際治った人も多かったですし、私自身もかなり治ったからです。

受容派の大元の考え方には「吃音者宣言」とか「治す努力の否定」という考え方があるのでしょうか?
私は、言友会歴が長くはないので詳しくはないのですが、「治す努力の否定」の考え方は一部分かるような気がします。
吃音は、治すことにこだわりすぎると重くなる傾向があるからです。
治す努力をすべてやめたら、吃音が治ったという例もあるくらいです。

私の知る限り、「改善派」が「受容派」を攻撃することは、あまり聞いたことがありませんが、その逆は多い気がします。
私が学んだカウンセリンググループの代表の家に、以前かみそりの刃の入った封筒が送られてきたこともあったそうです。



私が思うに、「受容派」の人達も、最初は改善しようと努力したのではないでしょうか?
しかし、万人に有効な方法は今はありませんから、あきらめざるを得ない。
しかし、改善を諦めても、受容すると意外と未来が開けてきたということもあると思います。
実際、ちゃんと受容出来ればかなりラクになりますし、人生は豊かになると思います。

ただ、人は自分の成功体験を人に押し付ける傾向があります。
自分が、これで吃音の苦しみを乗り越えたのだから、あなたもそうするべきだ、
という考えに陥り易いのではないでしょうか。

心理療法の中に「論理療法」というものがあります。
(今盛んな「認知行動療法」は「認知療法」と「行動療法」の組み合わせですが、
「認知療法」と「論理療法」はほぼ同じです。)
その論理療法の中に、「インショナルビリーフ」があります。
インショナルビリーフとは、○○でなければならない、とか○○なはずだ。という思い込みです。
私の私感ですが、吃音者はインショナルビリーフが強い傾向があると感じています。
実際、インショナルビリーフから「ラショナルビリーフ」(できれば○○である方が良い、といった柔軟な考え方)に変化していくと、吃音は改善する傾向にあります。

このインショナルビリーフが強いと、自分の価値観や枠組みが強くなってしまうので、人も自分と同じでなければならないという、間違った信念に陥りがちです。
私は、吃音界隈で対立が多いのは、この「自分の価値観を人に押し付けたい」という欲求の表れかもしれないと思っています。



また、改善した人への攻撃は「嫉妬」かもしれません。
「自分はこれだけ苦しんでいるのに、あなたがラクになるのは許せない」という心です。
勿論、自分が不幸だと人の幸福を喜ぶことは難しいでしょう。
しかし、私の経験からすると、人の幸福を自分の事のように喜べる人は
幸せになるし、吃音も改善する傾向にあります。
まず、自分だけが幸せになりたい、吃音を治したいという心から、相手ことを考え、思いやる心に変えていく人から、吃音は改善していくと感じています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。